青汁を飲む子ども
無添加の子ども用の青汁を探していますか?

 

私は青汁を買う時には無添加かどうかだけでなく、子どものための栄養成分が入っているかまで調べて選んでいます。(一応栄養士なので)

 

でも子どもが飲んでくれないと意味ないんですよね。

 

うちの子どもたちは好き嫌いが激しくて、青汁もなかなか飲んでくれませんでした。

 

でもアロベビーの青汁は、気に入ったらしくて2人とも毎日残さず飲んでくれています。

 

アロベビーからこども青汁が出ていました

うちは3歳と5歳の2人の子どもがいるのですが、好き嫌いがあって野菜を食べさせるのに苦労しています。

 

料理は工夫するけど、毎日必要量の野菜を食べさせるのは難しいんですよね。

 

そこで青汁をと思って探していて、アロベビーからこども青汁が出ているのを見つけました。

 

 

アロベビーといえばベビーローションやベビーソープしか知らなかったのですが、こども青汁も作っていたんですね。

 

 

アロベビーミルクローション
アロベビーのベビーローション、そういえばうちでも使ってました、

 

小さい子ども向けの国産オーガニック製品を出しているブランドですよね。

 

だったら青汁も栄養面や無添加という事で安心できそうだと思って買ってみたんです。

 

これで4種類目?いや5種類目だったかな?

 

うちの子は青汁もなかなか飲んでくれなくて、ちょっとでも苦味や臭いがあると全然ダメでした。

 

でもアロベビーのこども青汁の味は好きみたいで、2人とも気に入って飲んでいます。

 

喜んでゴクゴク飲むのを見ると、買った甲斐があったなって思いますね^^

 

 

 

 

 

アロベビーの子ども青汁

子ども青汁と大人用の青汁の違いは「味」「栄養成分」「添加物」の3つだと思っています。

 

子ども向けの味付け

子どもは青臭さやエグみがちょっとでもあるとダメですね。

 

味が美味しくても舌に残る粉っぽさがあるとダメみたいです。

 

アロベビーの青汁は水にもよく溶けて粉っぽさがないし、りんごジュースみたいな味でした。

 

甘さもそれほど強くなくて、後味もスッキリしていて、私が飲んでも美味しいと思いましたよ。

 

これが嫌いな子どもはいないんじゃないかな、と思える味でした。

 

小さい子供のための栄養成分

いくら美味しくても、子どもの野菜不足を補えないと意味がありません。

 

アロベビーこども青汁に入っている野菜は21種類もありました。

1.小松菜 2.ごぼう 3.白菜 4.にんじん 5.たまねぎ 6.ほうれんそう 7.かぼちゃ 8.セロリ 9.レンコン 10.キャベツ 11.ブロッコリー 12.アスパラガス 13.さといも 14.紫いも 15.ケール 16.パセリ 17.アシタバ 18.大根 19.枝豆 20.オクラ 21.しいたけ

野菜としてはこれで十分だと思います。

 

アロベビーの青汁には、野菜のほかに体の成長に必要なカルシウムと鉄分が追加配合されていました。

 

それに子どもの脳や目の発達に役立つDHAとEPAも入っています。

 

さらにヨーグルト10個分植物性乳酸菌やビフィズス菌も入っていて、子どもの腸内環境を整えるのにも良さそうです。

 

腸内細菌のバランスは幼児期に決まって、生涯の免疫力にかかわってきますからね。

 

子どものための青汁としては理想的なんじゃないかと思いますよ。

 

 

無添加について

保存料や着色料
私は管理栄養士という仕事柄、危険な食品添加物も気になって、成分表はいつもチェックしています。

 

パッケージに「無添加」と書いてあっても必ず見るようにしています。

 

大人用の青汁でも「無添加」と書いてあるものは多いですが、じつは完全な無添加の青汁というのはありません。

 

本来の「無添加」というのは、食品添加物が一切加えられていないという意味ですよね。

 

でも現実には「無添加」と書いてある青汁でも食品添加物は使われています。

 

中には「どこが無添加なの?」と突っ込みを入れたくなるような添加物だらけの青汁もありました。

 

ただ食品添加物が全て危険ではないし、食品添加物を完全に避けることは現実的には無理なんですね。

 

問題は何が入っていて、何が入っていないかです。

 

小さい子供が毎日飲むものですから、ここはちゃんとチェックしておきたいところです。

 

アロベビーこども青汁の全成分(公式サイトから転載)

国内製造大麦若葉末、澱粉、乳糖、食物繊維(デキストリン、ポリデキストロース)、りんご果汁末、野菜・果物混合末(オクラ末、キャベツ末、ケール末、ニンジン末、カボチャ末、ゴボウの根末、紫イモ末、サトイモ末、シイタケ末、ブロッコリー末、アシタバ末、アスパラガス末、枝豆末(大豆を含む)、コマツナ末、セロリ末、ダイコン末、ダイコン葉末、タマネギ末、パセリ末、ホウレンソウ末、レモン末、レンコン末)、乳酸菌(植物性乳酸菌、フェカリス菌)末、はくさい末、もも果汁末、わかめ末、ビフィズス菌末、煮干いわし末、DHA・EPA含有精製魚油末/貝カルシウム、香料、ピロリン酸第二鉄、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンD

 

ビタミン類やカルシウムも食品添加物なんですが、栄養成分の追加は問題ありません。

 

私が気にしているのは、防腐剤や防カビ剤、着色料や発色剤、増粘剤や酸化防止剤、それに化学調味料や甘味料などです。

 

アロベビーのこども青汁で気になったのは「甘味料」ぐらいで、防腐剤や着色料などの他、心配するような添加物は入っていませんでした。

 

甘味料は子どもが飲みやすい味にするためには必要なので仕方ないでしょう。

 

アロベビーのこども青汁に入っている甘味料は、アスパルテームなどの人工甘味料でした。

 

市販の甘いジュースみたいに「果糖ブドウ糖液糖」は入っていないのはいいですね。

 

果糖ブドウ糖液糖は急激に血糖値を上げてしまうので、肥満や食欲不振の原因になります。

 

それに虫歯の原因にもなりますね。

 

青汁を子どもが飲みやすい甘さにするためには、糖類でない人工甘味料はありでしょう。

 

私が飲んでも自然な感じの甘さだし、子どもたちはリンゴ果汁の味が気に入って飲んでいます。

 

全成分をチェックしましたが、心配な添加物は入っていなかったので、毎日子供に飲ませて大丈夫です。

 

 

 

こども青汁は通販で買っています

私がこども青汁を買っているのは、アロベビーの公式通販サイトです。

 

近くのお店にも置いてなかったし、Amazonでも売っていませんでした。

 

公式通販サイトなら、最初の1箱お試しは1,980円(税別・送料無料)でした。

 

定期回数の縛りもありません。
15日間の全額返金保証も付いているので、もし子供が飲んでくれなくても返品できるようになっています。

 

2箱目からも2,980円なので、それほど高くないのが助かります。

 

うちの場合2人なので1カ月で2箱ですからね(^^;

 

 

 

 

元気に大きく育ってね

子どもと笑顔で食事

 

こども青汁のおかげで、我が家は子どもの野菜不足の心配がなくなりました。

 

もちろん食事でもできるだけ野菜は食べさせるようにしていますよ。

 

好き嫌いもなるべくさせないように考えて作っています。

 

ニンジンやピーマンもみじん切りを少しずつハンバーグに入れたら普通に食べています。

 

でもやっぱり必要量を食べさせるのは難しいですね。

 

青汁を喜んで飲むようになったので、おかずを考えるのも楽になりました

 

何にしても子どもが喜んで飲んだり食べたりしてくれるのは嬉しいものですよね。

 

いっぱい食べて栄養を摂って、いっぱい遊んでいっぱい眠って。

 

2人とも元気に大きく育ってほしいな^^